内視鏡検査


院長の挨拶

平原内科消化器科では高い技術をもとに安心してかつ楽に受けられる内視鏡検査を受けて頂けるように心がけています。

 

内視鏡検査は血液の検査などとは違いどの医師が行っても同じというわけではありません。医師の技量、経験がその診断に大きく影響します。

 

 

私は現在も病院で高度な内視鏡治療を行っています。検診や一般内視鏡でなく治療の内視鏡を任せてられています。最近は胃がんだけでなく食道や大腸の粘膜切開剥離術を行っています。

 

いつまでこの治療内視鏡の仕事が出来るかかわかりませんが頑張ってみたいと思っています。この技術や努力は平原内科消化器科を受診されている患者さんにもきっと役に立つと考えています。


開業医をしながらこの環境で仕事ができることに恵愛堂病院の東郷院長や恵愛堂病院消化器内科、町田先生、深くみなさんに感謝しています。




内視鏡検査を楽に受けてもらうには

どうしたら内視鏡を患者さんに楽にうけてもらえるか。消化器内科の医師にとって永遠に続く問答のようです。

 

もちろん自分の技術を磨く事をおろそかにできません。

 楽に受けてもらいかつ高度な診断をする。

 

大腸内視鏡ももちろんです。苦痛を少なく観察や処置をきちんとやる。院長は十分な経験を持っています。また大腸内視鏡検査では前処置も大変です。

 

モビプレップやビジクリヤ、ピコレップと様々な前処置に使う下剤を用意しました。患者さんにできるだけ合いそうな薬をお勧めします。

 

経鼻内視鏡検査は悩める内視鏡専門医にヒントをくれましたが答えではありません。経鼻内視鏡検査はカメラを飲んでもらうところが簡単なだけで観察はむしろ難しいです。

 

上手な医師が行っても観察が困難な場所があります。組織診断のための生検が困難な時もあります。

 

できるだけ苦痛が少なくなるように努力します。

 



内視鏡の洗浄について

最新式の自動洗浄機(エンドクリーン)を開業以来使用しています。
                 
平原内科消化器科では患者さん一人ごとに完全な洗浄をおこなっています。このため内視鏡を行う前に採血で感染症を調べる必要がありません。
  
すべての患者さんに感染症があると考え最高の消毒を行っています。現在は知られていない未知のウイルスがあるかもしれません。

洗浄器は経費がかかります。保健請求が出来ないため病院負担になり頭が痛いことですが必要なことなので導入しました。
  
経費の安い酸性水を用いた洗浄器もあるようです。環境問題も含めて宣伝も多いですが洗浄能力に問題がありやめました。確かに強酸性を使えば殺菌は出来ますが内視鏡を傷めます。このため酸を弱くして使用するために洗浄力に問題がでるようです。
 
完全洗浄のため患者さんの間の待ち時間(洗浄時間)がありお待たせすることがあります。 ご理解ください。




経鼻内視鏡検査、上部内視鏡


平原内科消化器科

群馬県太田市小舞木町226

0276‐45‐3891